トップページ 日本看護コーチ協会とは 看護コーチについて 学習支援 公開講座案内 入会案内 ブログ
お知らせ

・看護コーチトレーニング第4期(横浜)の募集を開始しました!
・看護コーチトレーニング第3期(仙台)がスタートしました!
公開講座スケジュール
思考の扉を開く質問による関わり方
〜看護コーチは答えを持たずに問いを持つ〜
12月15日
13:00-16:30
仙台
看護コーチング入門(承認)
~看護コーチが実践する承認とその効果~
1月8日
13:00-16:30
横浜
コーチ型リーダーシップ
~看護師が医療現場を支える~
1月31日
10:00-16:00
仙台
<<内容検討中>> 2月4日
13:00-16:30
横浜
看護コーチング入門(傾聴)
~心から寄り添って話を聴く~
2月17日
13:00-16:30
仙台
コーチ型リーダーシップ
~看護師が医療現場を支える~
3月21日
10:00-16:00
埼玉
コーチ型看護面談 3月31日
13:00-16:30
横浜
新着ブログ記事
日本看護コーチ協会

院内研修
JNCAの研修は事前にクライアント様のニーズやご要望をヒアリングさせていただいたうえで、最善の成果が得られるようカスタマイズを行いご提案いたします。

公開講座
1名様からご参加いただける研修サービスです。
複数の医療機関に勤務する看護師・医療スタッフが、ご一緒に受講する合同研修のスタイルとなります。
討議や意見交換で普段では得られない気づきや新たな視点が促されることが期待できます。

認定看護コーチ
現場で働く看護師がコーチ型コミュニケーションを身につけ実践することで患者様も、医療スタッフ同士も、そして何よりも看護師自身が幸せに、その持てる力を発揮できるようになります。
看護コーチトレーニング(Nurse Coach Training)はそうしたあり方とスキルを、集中的に継続して学習していくプログラムです。

90日間コーチング
自分自身の真の願いを実現するため!コーチングを受けてみたいという方のために、JNCA認定のプロフェッショナルコーチが
コーチングを提供します。
あなたらしく幸せに成功するためにコーチングを人生に取り入れてみませんか。

日本看護コーチ協会理事
コーチ
リンク
  • 【日本看護協会】
  • 【マインドフル・コーチング】
  • 一週間で看護コーチングがわかる無料メールマガジン
    お名前(姓)  *
     (例)看護
    お名前(名)  *
     (例)花子
    メールアドレス  *
    アンケート

    1. 【アンケート】看護師のイメージ
    2. 【アンケート結果】看護師のケアで満足した点
    3. 【アンケート結果】看護師のケアで不満だった点
    4. 【アンケート】看護師に気にして欲しい事
      
    投稿者 : 法華津ともみ 投稿日時: 2017-12-08 01:52:30 (158 ヒット)

     NCT0期生の法華津ともみです。

    今後、ちょくちょく研修などのレポートをこのブログに投稿して行きたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

     

    さて、私のブログ初投稿は、123日(日)「コーチ型リーダーシップ」の公開講座についてです。

     

    今回の公開講座には、「コーチ型リーダーシップ」への関心の高さからか、多くのリーダーナースの方が参加してくれました。

     

     

     

    「伝えることの難しさ」「自己のコミュニケーションの振り返り」など、本を読んだり、講義を受けるだけでは学ぶことのできないことを、楽しいゲームやワークなどの体験を通じて、自分の体で学び、考える時間になりました。

     

     

    公開講座の終わりに、皆さんが笑顔で振り返ってくれた今回の学びが、それぞれご自分の働く場所で発揮されると、また実践の看護がきっと、よりよくなると思います。

     

    日本看護コーチ協会では今後も「看護師のコーチング」を基にした公開講座を実施していく予定です。

    「コーチングって何?」「コーチングに(少し)興味がある」と考えている方、ぜひ、一度公開講座へ参加してみてください。

     

     

    「コーチングを学んでみたい」「コーチングをやってみたいけど…」と考えている看護師の皆さん、わたしたちと一緒にNCT(看護コーチトレーニング)で学んでみませんか?

     


    ただいま、第4期生(2018年1月28日(日)スタート)を募集中です!

    http://www.nursecoach.or.jp/modules/info/index.php?content_id=8#NCT_Schedule

     

    たくさんの体験と実践で看護コーチングを手に入れることがきっとできると思います。

    皆さんの参加をお待ちしています。


    投稿者 : 三田 投稿日時: 2017-11-22 19:03:23 (332 ヒット)

    去る11/19、看護コーチトレーニング(NCT)第2期が修了しました。

     

    様子を動画にして、下記にアップしました。

    http://www.nursecoach.or.jp/img/NCT2_Day6.mp4

     

    みなが口々にすることは、「あっという間だったね」ということです。

     

    初日に集まったときは、「ナースってどうしたこんなに辛そうなの?」と思えるほど、

    職場の対人関係に悩みを抱えていたり、自分のコミュニケーションに自信が持てなかったり、

    日常の生活に疲れていたりしていました。

     

    それが、半年間の看護コーチトレーニングに参加する中で、自分の可能性に気づき、

    目の前にいる人の可能性に気づけるようになり、自分の行動やものの見方、果ては

    生き方まで変わって行きます。

     

    単にコーチングスキルを学ぶだけではなく、そこに集う人から影響を受け、自分なりに

    変化を遂げて行くのだと思います。

     

    言うなれば「人と人との化学変化」が起きるのです。

     

    今回修了した9名を含め、NCTを巣立って行ったナース達が、日本の医療現場を

    変えて行く原動力になることを、また実感しました。

    NCTで学んでいるナース達の特徴は、

    ・医療や看護の場で目の前の人とマインドフルな対話ができる

    ・家族を含め自分を取り巻く全ての人と五感六感を使った対話ができる

    ・目の前の人のゴール達成をサポートすることができる

    ・人の問題に入り込まず客観的な視点で課題解決をサポートできる

    ・その人のあるがままを観察し自分の言葉でフィードバックできる

    などが上げられます。

     

    仙台ではNCT第3期が始まっており、1月からは横浜でNCT第4期がスタートします。

     

    あなたもNCTに参加して、いっしょに学びませんか?

     

    <お申込みはこちら↓>

    http://www.nursecoach.or.jp/modules/liaise/?form_id=5

     

     


    投稿者 : 三田 投稿日時: 2017-10-31 00:37:56 (34 ヒット)

     去る10/29、杜の都仙台で、NCT第3期がスタートしました!

     
    日本列島に台風が接近してましたが、ここに集うナースの熱い熱い思いが勝ったのか、上陸はしないで東の海上へと去って行きました。
     
    毎回そうなんですが、NCTに参加するナース達の目からは、涙がこぼれて行きます。
     
    今まで胸の内に秘めていた熱い思いを語ると、自然と目から涙がこぼれてしまうようです。
     
    コーチングはコミュニケーションスキルですが、看護コーチングは、人の心に寄り添うコミュケーションを目指しているため、学びを深めれば深めるほど、ナースとしてのあり方、人間としてのあり方が変わって行きます。
     
    今ここに、あるがまま、見守る。
     
    その人の可能性を信じる。
     
    私たち看護コーチが大切にしていることです。
     
    NCT3期生、これから杜の都に、新しい風を吹かせてくれることでしょう!
     
     
     
    あなたも、いっしょに看護コーチングを学びませんか?
     
    詳しくは、ホームページでご案内しています。
     
     
     
     
    <追伸>
    毎回NCT初日は、豪華なお弁当を用意しているのですが、仙台のNCTが今までで一番豪華なお弁当になりました。これからは、仙台で開催するNCTの名物にして行きたいと思います(^^)
     
     

    投稿者 : 三田 投稿日時: 2017-10-23 23:48:01 (361 ヒット)

     10/22(日)に行われた看護コーチトレーニング(NCT)第2期もDay55回目)となり、早くももう終盤に差し掛かりました。

     

     

    6月に何かを変えよとここに集まり、初めて顔を合わせた3期生たち、今では旧知の親友のようです。

     

     

    ここにきた時は、みなそれぞれが不安を抱え、自信なさげに自分の境遇を語っていたけど、今では自信たっぷり堂々と、看護にどうやってコーチングを活かすのかを語っています。

     

     

    そんな、たくましくなった彼女らを見ていて「いったい、NCTに参加すると何が変わるのだろう?」と考えてみると、彼女らが身につけたのはコミュニケーションスキルなので、間違いなくそれが彼女らを変えるきっかけになったのだとは思います。

     


     

    彼女らのコミュニケーションが変わると周りの人たちとの関係が良くなり、周りの人たちとの関係が良くなると思考の質が良くなり、思考の質が良くなると行動が変わり、行動が変わるといろいろな成果が手に入り、いろいろな成果が手に入るとさらにコミュニケーションが良くなるというポジティブな循環が起きているのだと思います。

     

     

    あともう一つ、コーチングセッションを繰り返し行うことで、自分が考えていることをアウトプットする機会が増えるので、そのアウトプットしたことをまた自分のインプットにしてどんどん考えていることが広がったり深まったりして、自分の内面に変化が現れるのだと思います。

     

     

    それと、忘れちゃいけないのが、同じ学び舎に集った仲間と「いっしょに学んで成長して行くんだ!」という相乗効果も、間違いなくあるでしょう。

     

     

     

    そんな彼女らも、来月のDay6で卒業です。卒業後、看護コーチとしてどんな活躍を見せてくれるのか、楽しみでワクワクしています。

     

     

     

    そんな中、今週末から仙台でNCT3期が始まります。

     

    また、NCT第4期の募集も開始しましたので、

     

    看護の日常を変えたい!

     

    看護の世界のコミュニケーションを変えたい!

     

    と思っている方は、ぜひご参加下さい。

     

     

    お申込は、当HPからです。

    http://www.nursecoach.or.jp/


    投稿者 : 三田 投稿日時: 2017-06-27 00:41:36 (353 ヒット)

    最近、公開講座・NCTなどに参加してくれたナースや師長さん、マネージャさんから、こんな話を聞きました。

     

    ——————

     

    <ナースAさん>

    職場の一年目(新人ナース)が退職しました。

    私はロッカー室でその新人ナースから突然「辞めようと思ってます。」と打ち明けられたのですが、師長さん、副師長さんはまだそのことを知りません。私は師長さん達に何と伝えていいか分からず、黙ってました。

     

    B師長さん>

    新人ナースの退職は師長の立場からもとてもダメージが大きいです。

    「辞めたい」になる前に話してもらえるといいですね。そのためにも日頃のコミュニケーションを大切にしなければ、いけない気がします。

    私も、「辞めたい」と急に言われて、後でよく考えるといくつか、シグナルがあったのにと後悔したことがありました。

     

    Cマネージャさん>

    最近は、先輩看護師や師長にも相談せずに、管理者である私のところに辞めたいと言ってくる看護師もいます。そんな時は、話しを聴き、まず先輩にも相談するように促します。

    すると、退職の申し出を撤回する看護師がいます。誰にも相談できずに一人で悩んでいることが多いです。ただし、タイミングが悪いとそのまま辞めて行き、後から、お詫びと後悔のメールが来ることもあります。

    やはり、傾聴と承認がタイミングよくされていれば・・・と振り返ります。先輩ナースが鍵を握っていると思いました。

     

    ——————

     

    後輩や新人から「辞めたい」と相談された時、先輩や師長さん達とどのようなコミュニケーションを取ればいいのでしょうか?

     

    新人ナースから突然辞めると告げられる前に、何か自分にできることはなかったのでしょうか?

     

    同じような立場、経験のあるみなさんは、どのように対処していますか?

     

    コメント頂けると嬉しいです。

     

     

    看護コーチトレーニング(NCT)は、このような事例を元に、コミュニケーションスキル、コーチングスキルを学んでいます。

     

    NCTに参加すると、不思議なことに、みなさん自分が変わって行くのです。

     

    「◯◯さんが△△してないから。。。」と他人のせいにしていたことが、「今の自分に何ができるだろう?」という視点に変わって行きます。

     

    他人のせいにしていると、何も変えることができないですが、自分にできることは自分で変えることができるので、結果としてその人の行動が変わり、習慣が変わり、最終的には人格まで変わってしまいます。

     

    「変えられないのは過去と他人、変えられるのは自分と未来」ですよね。

     

    あなたも、私たちといっしょに学びませんか?


    投稿者 : 三田 投稿日時: 2017-02-25 19:02:43 (302 ヒット)

    2/25(土)、日総研の名古屋ビルにて、『「スタッフ指導」「上司・部下との関わり」「仕事の振り分け」をもっと楽に、スムースにする』というテーマの研修を行わせて頂きました。 

    名古屋周辺だけでなく、兵庫、石川県、長野県、京都などの遠方からもご参加頂き、活気あふれる楽しい研修ができたことを感謝しております。

    ありがとうございました。

    引き続き、日総研の研修を担当して行く予定ですので、スケジュールを調整の上、ご参加頂けるようお願いいたします。

     

    スケジュールの詳細・内容は、都度、日総研HPまたは日本看護コーチ協会HPにてお知らせして行きますので、ご確認下さい。

    今後とも、よろしくお願い致します。

     

     


    投稿者 : 島村 投稿日時: 2016-12-24 22:39:42 (226 ヒット)
    日本看護コーチ協会を支えて頂いている皆さまへ



    いつも日本看護コーチ協会(JNCA)の活動にご理解とご協力を頂き、ありがとうご
    ざいます。

    代表の島村です。



    12月24日☆彡

    今日はクリスマス・イヴですね。
    みなさまそれぞれ、素敵なクリスマスをお過ごしのことと思います。

    ちなみに、「イヴ」とは「evening(夜)」と同義語の「even」の
    語末音が消えたものだそうです。

    「イヴ」の言葉同様に、みなさまそれぞれ、今年一年の成長と変化を
    噛み締めてみることをお勧めします。



    みなさま、今年一年はどんな年でしたか?



    みなさまから頂いたご縁(インターネットでポチッ!)で看護コーチングと出会
    い、
    今まで考えてもいなかった大きな変化のあった方もいらっしゃったかと思います。

    私たち看護コーチは、人を支援する・患者さまを支援する役割を担っています。

    その人がその人らしく成長や治療をしていけるよう、自分のやり方の指示やアド
    バイスだけではなく、
    コーチ型コミュニケーションによって、その人の中に隠れている可能性を広げる。

    言葉では簡単なようですが、これがなかなか難しい。


    なぜなら私たちは、つい「いつもと同じ行動」をとってしまうからなんです。


    ですから、自分のコミュニケーションスタイルにコーチングスキルを加えて、
    コーチ型コミュニケーションを実践するには、繰り返しのトレーニングが必要で
    す。

    大変かもしれませんが、関わる人たちが自分らしく輝く姿を見ることができたら、
    それ以上の喜びはありません。



    その関わる人たちが自分らしく輝く姿をイメージして、みなさまがご自身の
    コミュニケーション力を磨いて頂けたら、きっと看護の世界、医療の世界がもっ
    ともっと良くなる、と
    私たちは信じています。

    来年もJNCAは、みなさまの成長と飛躍をお手伝いするため、トレーニングの場・
    コーチングの場を
    用意して参りますので、引続きご参加とご協力を頂けるようお願い致します。

    また来年も、皆様とともに学んでいけたらとても心強く思います。
    どうぞよろしくお願い申し上げます。


    よいお年をお迎えください。

    投稿者 : 三田 投稿日時: 2016-11-05 18:16:39 (386 ヒット)

     去る 11/3(文化の日)、公開講座「看護師が医療現場を支える!コーチ型リーダーシップ」を開催しました。

    ゲームを通じて、自分のコミュニケーションのクセを認識したり、同じ指示を受けても人によって違う結果を出してしまったり、人はそれぞれその人の持つ背景・個性によって、考え方や感じ方が違うということを体感しました。

    そして、この体感と参加者同士のディスカッションから、臨床でどんなリーダーシップが必要なのかを気づき・学びました。

    その学びを臨床で活かすため、コーチングスキルの一つ「傾聴」を実践しました。

    参加した方々に、明日以降、どんな変化が現れるか楽しみです(^^)



    投稿者 : 三田 投稿日時: 2016-11-05 18:00:02 (330 ヒット)

    去る10/30、岡山で日総研グループ主催のセミナーに登壇させて頂きました。

     

    【悩める師長・主任・リーダー対象】
    「スタッフ指導」「上司・部下との関わり」「仕事の振り分け」をもっと楽に、スムースにする

    臨床で働く人たちが、看護師同士の関わりに、リアルに課題を抱えている様子が感じられ、我々がサポートできることが多いと実感しました。

    心の中に抱えている問題を、積極的にアウトプットして頂き、参加者同士で語り合える場作りができるよう、これからも努めて行きますので、今後の活動にご期待下さい。

     


    投稿者 : 三田 投稿日時: 2016-10-12 00:17:51 (517 ヒット)

     日総研が発行している雑誌「看護きろくと看護過程」に連載を始めてから、今回が5回目。

     

    いよいよクライマックスへ。

     

    今回は、有意義で実り多い会議をするために、会議の様々な場面でのファシリテーターの介入方法について解説しています。

     

    病院で購読されている方は、ぜひご覧下さい。

     

    購読されていない方、公開講座開催時に展示していますので、ぜひお出で下さい(^^)

     


    投稿者 : 三田 投稿日時: 2016-09-23 01:19:45 (368 ヒット)

     9/22(木)祝日、雨の降る中、公開講座「明日から実践する!看護師のためのコーチングスキル(傾聴・承認・質問)」をウィリング横浜で開催しました。

     

    コーチングの基本スキルを駆け足で学ぶ講座でしたが、参加者全員がコーチングとはどういうものかを体感できたと思います。

     

    参加者の方からは、「傾聴が大切さを身を持って体験した」「承認されることがこんなに気持ちのいいこととは知らなかった」「傾聴・承認・質問は、どれも関連していて重要」「価値・評価・判断を脇に置いておく!ということが印象に残った」などの感想を頂きました。

     

    きっと、今日ここで気づいたこと・学んだことを、明日から実践して頂けると信じています(^^)

     

    こんな看護師の方たちが医療現場に増えれば、日本の医療が変わって行くことは間違いないですね。

     


    投稿者 : 三田 投稿日時: 2016-09-08 14:58:44 (465 ヒット)

    残席わずか!締め切り間近!! 

    看護コーチトレーニング(NCT)の第1期生 参加者募集中!!

     

    私たちは、看護の道を歩む中で、看護の基盤をより強化するためにコーチングを学び、コーチングによってたくさんの力が身についていくことが分かりました。

     

    感情に振り回されない力、思いやりや優しさを持ち続けられる力、人を応援する力感覚に敏感になる力、人の可能性を引き出す力、仲間を信じる力、自分自身を信じる力など、どれも看護に必要な力です。

     

    看護コーチトレーニングは、看護師が医療現場で必要とされるこれらの力を、コーチングを通じて身につけるためのプログラムです。

     

    看護コーチトレーニングの特長

    1. 医療現場に即した実践的なコミュニケーショントレーニング

    2. 現役看護師(認定看護プロフェッショナルコーチ)による集合型研修 

    3. コーチングを学ぶ、コーチングを受ける、コーチングをするという3つの柱を同時並行

     

    詳しくは、こちら↓

    http://www.nursecoach.or.jp/modules/info/index.php?content_id=8

     


    投稿者 : 三田 投稿日時: 2016-09-03 08:52:52 (366 ヒット)

    知らせ!

     

    当協会代表理事の島村優子と服代表理事の河合葉純が、看護師の悩める師長・主任・リーダーを対象に、日総研が主催するセミナーの講師を務めます。

     

    タイトル↓

    「スタッフ指導」

    「上司・部下との関わり」

    「仕事の振り分け」を

    もっと楽に、スムースにする

     

    具体的には、看護現場で起きるさまざまなコミュニケーションを例にして、参加者同士のディスカッションを交えながら、コーチングセッションなどの体験型ワークを織り交ぜ、明日から活用できる対人コミュニケーションのコツを学んで頂きます。

     

    現在募集中のセミナーは、下記開催日程・開催場所を予定していますが、参加者・主催者の都合により変更することがありますので、ご了承下さい。

     

    岡山地区:20161030日(日)10001600(福武ジョリービル:郵便局前)

    東京地区:20161120日(日)10001600(日総研 研修室:御茶ノ水)

    仙台地区:2017128日(土)10001600(ショーケー本館ビル:五橋)

    名古屋地区:2017225日(土)10001600(日総研ビル:亀島)

     

    お申し込みは、日総研の下記ページからお願いします。詳細な情報も掲載されていますので、こちらからご確認頂けるようお願いします。

     http://www.nissoken.com/s/14391/index.html


    投稿者 : 三田 投稿日時: 2016-08-30 21:55:40 (291 ヒット)

     んにちわ!


    日総研が発行する『看護きろくと看護過程』という雑誌に、当協会の代表:島村優子と副代表:河合葉純が、「看護コーチがやさしく解説!楽々会議ファシリテーションのコツ 全6回」という記事を連載中です。
     
    会議をより効率的にするにはどうすればいいのかをやさしく解説していますので、ぜひご一読下さい。
     
     

     


    投稿者 : 三田 投稿日時: 2016-08-04 22:01:15 (712 ヒット)

    こんにちわ!

     

    患者さんとそのご家族のメンタル支援は、医療に関わる全ての人々の普遍的な課題です。

     

    医療を行う側と受ける側とが、学会で対等にディスカッションを行う場として生まれた「患者・家族メンタル支援学会」の「第2回学術総会」が、2016年10月22日(土)〜23日(日)に東京大学医学部で行われます。

     

    詳しくは、こちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    http://www.smspf.org/2ndSMSPF/

     

     

    その学術総会の2日目(10月23日AM9:00〜10:30)に、当協会の島村優子代表が登壇します!

     

    テーマは、「コーチングを活用した患者・家族メンタル支援」についてです。

     

     

    お誘い合わせの上、ご参加願います。


     


    (1) 2 3 4 »