トップページ 日本看護コーチ協会とは 看護コーチについて 学習支援 公開講座案内 入会案内 ブログ
お知らせ

・看護コーチトレーニング第4期(横浜)の募集を開始しました!
・看護コーチトレーニング第3期(仙台)がスタートしました!
公開講座スケジュール
思考の扉を開く質問による関わり方
〜看護コーチは答えを持たずに問いを持つ〜
12月15日
13:00-16:30
仙台
看護コーチング入門(承認)
~看護コーチが実践する承認とその効果~
1月8日
13:00-16:30
横浜
コーチ型リーダーシップ
~看護師が医療現場を支える~
1月31日
10:00-16:00
仙台
<<内容検討中>> 2月4日
13:00-16:30
横浜
看護コーチング入門(傾聴)
~心から寄り添って話を聴く~
2月17日
13:00-16:30
仙台
コーチ型リーダーシップ
~看護師が医療現場を支える~
3月21日
10:00-16:00
埼玉
コーチ型看護面談 3月31日
13:00-16:30
横浜
新着ブログ記事
日本看護コーチ協会

院内研修
JNCAの研修は事前にクライアント様のニーズやご要望をヒアリングさせていただいたうえで、最善の成果が得られるようカスタマイズを行いご提案いたします。

公開講座
1名様からご参加いただける研修サービスです。
複数の医療機関に勤務する看護師・医療スタッフが、ご一緒に受講する合同研修のスタイルとなります。
討議や意見交換で普段では得られない気づきや新たな視点が促されることが期待できます。

認定看護コーチ
現場で働く看護師がコーチ型コミュニケーションを身につけ実践することで患者様も、医療スタッフ同士も、そして何よりも看護師自身が幸せに、その持てる力を発揮できるようになります。
看護コーチトレーニング(Nurse Coach Training)はそうしたあり方とスキルを、集中的に継続して学習していくプログラムです。

90日間コーチング
自分自身の真の願いを実現するため!コーチングを受けてみたいという方のために、JNCA認定のプロフェッショナルコーチが
コーチングを提供します。
あなたらしく幸せに成功するためにコーチングを人生に取り入れてみませんか。

日本看護コーチ協会理事
コーチ
リンク
  • 【日本看護協会】
  • 【マインドフル・コーチング】
  • 一週間で看護コーチングがわかる無料メールマガジン
    お名前(姓)  *
     (例)看護
    お名前(名)  *
     (例)花子
    メールアドレス  *
    アンケート

    1. 【アンケート】看護師のイメージ
    2. 【アンケート結果】看護師のケアで満足した点
    3. 【アンケート結果】看護師のケアで不満だった点
    4. 【アンケート】看護師に気にして欲しい事
    TOP
    TOP : 今ここ。感じ取る力
    投稿者 : 島村 投稿日時: 2015-11-23 22:35:47 (436 ヒット)
    こんにちは!

    日本看護コーチ協会の島村です。

    今日は、「場づくり」の研修に行ってきました。そこから考えた、感じ取る力について書きたいと思います。



    私がNICUで勤務していたとき、とあることに気づきました。

    看護師のメンバーがギスギスしている日(メンバーの中にそういう雰囲気の人がいる)時、面会に来るお母さんたちの面会時間が短いのです。

    雰囲気のいい日は、たくさんのお母さんが面会時間から夕方の授乳までいます。

    お母さんたちは、特に「居づらい」と言うわけではありません。
    ただ、なんとなく場の空気を感じ取りその日の面会が短くなるのでしょう。

    自分の態度や雰囲気は、その場所やそこにいる人に何かしらの影響を与えています。

    そんな空気を感じ取った時、このことを知っている人は場の空気を変えることができます。そして、自分が発信していることの影響もよくわかっています。

    看護師は、この感じ取る力がとても強いです。
    バイタルは安定しているのに、なんとなく今夜急変しそうな予感がしたり、
    ふと患者さんの様子が気になって部屋を覗いた経験があるでしょう。

    でも忙しさに流されていると、この力が発揮できません。
    「今ここ」に立ち戻る力が必要なのです。


    その場の雰囲気を感じ取り、いい環境をつくる。
    患者さんの様子を数値や言葉からだけでなく、全身で感じ取る。

    改めて、看護師ってすごい仕事だと思いました。
    そして、これは看護師にしかできないな、と誇りに思いました。

    印刷用ページ このニュースを友達に送る

    投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。