日本看護コーチ協会

代表理事 島村 優子
  

  現代にナイチンゲールが生きていたら、間違いなく「コーチングは看護の基本」だと言うでしょう。私が看護師になった時、ナイチンゲールの看護は何と理想の 高いものだろうと思いました。おそらくは、看護師としての生涯を終える頃、ナイチンゲールの看護がようやく実践できるレベルになっているのではないか、と 思っていました。 

 ところがコーチングに出会ったとき、あまりに精通する部分があることに気づき、これを体系的に学ぶことでナイチンゲール看護を実践できると確信しました。 

  私たち看護師は、患者さんの療養環境を整えること、医療処置を行うこと、患者さんのメンタルサポート、教育、さらには医師や病院スタッフとの円滑な指示受 けと連絡、看護師育成、自己研鑽など、日々変わっていく政治的背景と医療に対応しつつこれらのことを行っていかなければなりません。さらに多くの女性看護 師は、結婚や子育て、介護なども経験することでしょう。 

  さて、私たちは忙しさの中で毎日、瞬間毎患者さんと向かい合えているでしょうか。同じチームの看護師を応援し、サポートできているでしょうか。上司として 若い看護師が活き活き働けるよう関われているでしょうか。そして、自分自身を大切にできているでしょうか。看護師になった時の、あの誇り高い気持ちを持ち 続けられているでしょうか。あの時理想とした看護を、今提供できているでしょうか。

私たち看護師ほど、人と関わり、喜び、学び、悩む職業はないでしょう。私たち看護師は、医療のプロフェッショナルであると同時に、対人のプロフェッショナルでなければなりません。それはトレーニングによって、後天的に身につけられるものなのです。 

 コーチングは単なるコミュニケーションスキルではなく、自己基盤を整え、人の可能性を引き出すというものです。五感を使って行うコミュニケーションです。

今まで私たちは、経験の中からのみこのことを身につけてきました。しかしこのコーチングの概念を学ぶことで習得でき、看護の根幹となりえるものなのです。 

 私たち日本看護コーチ協会では、看護師が人の持てる力に働きかけることのできるスキルを習得できる体系的な学びの場と、私たち看護師が自分らしく、誇りと自信を持って生きていくための基盤を整える場を提供していきます。 

 一般社団法人 日本看護コーチ協会 

                               代表理事    島村 優子